電話占いの占い師なら効率的に稼げる?時間と場所の制限からの開放


かつての占い師は対面式占いを行う易者や占いの館を開く方法が一般的でしたが、電話占いの登場により占い師が活躍できる場が増えています。

そして、専業ではなく副業としても占い師を行えるようになったことは、相談者にとっても悩みを占ってもらいやすくなったとして好評です。

では、なぜ電話占いは効率的に稼げる場所と考えられているのでしょうか。

電話占いなら自宅に居ながらにして占い鑑定を行える

電話占い師として活動する際には、周囲に雑音が少なく会話を行っても苦情が出ない場所ならば適しています。

なぜなら、電話占いは基本的に相談者と電話による通話を通して占い鑑定を行うので、専用の部屋を借りる必要なく相談者が不快に感じない程度の静かな部屋ならば自宅でも占い鑑定を行えるからです。

そして、相談者と占い師のいる場所が数百km離れていても、電話により接続できることから距離と場所による制限を受けません。

占い師として鑑定以外の余計な時間が生まれないことは、コストだけでなく無駄な時間もなくなって効率的に働けます。

1分単位の時間制で空き時間を活用して稼げる

電話占いは1分単位の時間制による課金制度を採用しているので、待機できる時間が1時間しか無くても電話占いサイトによっては活動できます。

予め占い鑑定を受け付けする時間帯を申請しておくだけで、時間になったらログインして占い鑑定を行うだけです。

占いの館のように20分または30分で1セットといった形式ではなく、1インシデントだけの占い鑑定を受けるといった気軽な相談も行えます。

一見すると数分で占い鑑定が終わったら大した収入とならないと思われがちですが、占い鑑定中に次の予約が入ることが多いので実際には1分単位の時間制は占い師にとっても効率的に稼げると評判です。

占い師としてのブランディングに成功すれば単価アップが可能

占い師にとって繰り返し電話占いを行って当たるという評判を得られると、1分あたりの単価を上げられるので収入面でも豊かになります。

自分で占い単価を決めることができるので、自己ブランディングと頑張り次第で単価アップへ繋がりやすいです。

そして、電話占いならば全国各地から占い鑑定希望者が集まりやすいことから、目標額に対して何時間占い鑑定を行えば良いのか計画できるようになります。

最終的に稼ぎたい金額に合わせて無理のない範囲で占い鑑定を受け付ければ良いので、電話占い師として活動しすぎて精神的・肉体的な疲労が蓄積して困るといった心配はありません。